スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個数がわからない

英訳していて困ることの中に、個数がわからない、という問題があります。日本語はあまり数字を意識しない言語なので、機械分野でも個数がはっきりわからない原文が存在します。

例えば、ある部品をボルトで取り付ける、という文章があったとします。日本語では「ボルト」とあるだけで何本かはわかりませんが、英語だとこれが何本なのか、せめて単数なのか複数なのかははっきりさせて訳さないといけないわけです。

これが仕様書や取説で図面がある場合は確認ができるのですが、概要を訳す場合にはそういった資料もない場合があります。その場合、いくら考えても答えは出ないので、文書作成者に尋ねるしかありません。それもできない場合、とりあえずは単数で表記、と説明している参考書もありました。

個数の問題にはいつも悩まされます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。