スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィードバックでものすごく気を遣ってもらった話

私が現在お世話になっている翻訳会社は、ネイティブチェックの結果を送ってくれることがまったくといっていいほどありません。修正結果って気になるし、修正結果の確認にも勉強にもなると思うので送ってほしいのですが、翻訳会社の仕事が増えることにもなると思い、お願いしたことはありません。

ところが、一度だけ、コーディネータさんから「先日のレターですが、ネイティブチェックをかけたのでお知らせします」というメールと修正したレターが送信されてきたことがありました。

その時のコーディネータさんのメール文と言うのが、

「ネイティブチェックを強くご希望のお客様だったのでチェックをかけました。いくつか修正しましたが、けっしてAromaderoseさんの訳文が正しくなかったわけではないので、ほんとうに申し訳ありませんでした」

といった内容だったんです。

いつも丁寧なコーディネータさんなのですが、こちらとしても「いやいや、ネイティブがよりナチュラルな英文にするために修正するのは当たり前だし(それが仕事だし、そうしないと仕事にならないし)、そんなお気遣いいただかなくとも(汗)」とかえって恐縮してしまいました。

こんなに気を遣ってくださるコーディネータさんってきっと珍しいですよね(^^)?
スポンサーサイト

コメント

ご丁寧なコーディネーターさんですね。

私も以前、チェックが入り連絡があり
以後気をつけます、
とメールしたら
「いえいえいつも助かっています」
とお礼を言われた事があります。

ネイティブチェックの結果、私もみたいなあといつも思いますが
ほとんど頂いたことないです!

caramelさんへ


ちょっとした心遣いが嬉しい時ってありますよね。
言い方ひとつで仕事上の人間関係も変わってきますしね。

ネイティブチェックですが、以前登録していた会社では送っていただいてました。
でも、そういった会社の方が珍しいのかもしれません。
ネイティブチェックをまた翻訳者に返すとなると、会社の方も手間なんでしょうか。
品質的にも、翻訳者の技術向上のためにも、理想的には送った方がよいのでは、と思いますが。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。