スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末

年度末が近付いて、翻訳会社はとても忙しそうです。そう感じる理由ですが、

・普段依頼がない部署から依頼がくる。
・普段依頼がないコーディネータさんから依頼がくる。
・普段かかってこない遅い時間(9時過ぎなど)に電話がくる。
・お断りすると、納期を伸ばしてでも枚数を減らしてでもお願いされる。
・スケジュール上明らかにこれ以上無理そうなのに依頼がくる。

どんなに業界が忙しくても私個人ができる仕事の量には限界があり、無理なものはお断りするしかないのですが、ほんとうに業界は忙しそうです。

景気も少しは上向いてきたんでしょうかね?
スポンサーサイト

コメント

No title

年度末、お忙しそうですね。
翻訳者は、体の限界が仕事の限界ですからね。
体調をくずさないように、頑張ってくださいね。

わたゆきさんへ

ありがとうございます。

翻訳は体力さえあればずっと続けられる仕事だと思うので、健康には気を付けていきたいものです。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。