スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合う人、合わない人

学校のお祭りを数日後に控え、お祭り役員をしている私は何かと忙しくしています。

それにしても、役員活動をしていて改めて思ったのですが、気が合わない人っていますね・・・。これはもういい人、悪い人の問題ではなく、ただただ自分に合わない。町でばったりと出あっても、何を話していいかわからない。とりあえず季節の挨拶やら、お祭りの話などをするけれど、お互いににがてであることがびしびしと伝わってくる・・・。

いったい何が違うんでしょう。でもそういった感覚で合わない人って、おそらく深く会話してもきっと合わないと思います。興味があるもの、不快に感じるもの、子どもの教育方針、人生観・・・などなど。深く話す間柄にそもそもならないとは思いますが、きっと話せば話すほど距離感感じるんだろうなあ。

若い時は、第一印象で良くなくても知り合ってみたら気が合った、ってこともあったのですが。良いことなのか、悪いことなのか、最近ではちょっと話してみた印象で親しくなれるかなれないかを仕分けているような気がします。

スポンサーサイト

コメント

No title

たしかに〜。

第一印象で ”あれ??" と、何かひっかかりを感じた人は
最終的にやっぱり自分と合わない・・・という結果になります。

若い頃とは違うよね。なんでだろう?

無駄な労力使わなくていいから便利。

同時に、人に合わせる努力もあまりしなくなっている自分を感じます。

lanaちゃんへ


ある意味、自分というものが確立してきたのかな。
よく言えば、人を見る目ができてきた?

人に合わせる努力・・・うんうん、しなくなってる(笑)。
大人になると割り切って、お互いに無理してまで合わせなくなるよね。
世界が違うなあ・・・ってあきらめちゃう。

こんにちは。

よーく、わかります。

何が合わないのかわからないけど、合わない人いますね。

私も、娘の友達のお母さん、性格などが悪い人では全くないのですが、7年経っても、合わないのです。

もう、合わそうとする気は全くなくなりましたが…。

バックグラウンドが全然違う人でも、合うときは合うのですよね。

不思議ですね。

Re: こんにちは。


子どもの友達のお母さんと気が合えば嬉しいですが、現実的には合わないこともありますよね。

反対に、母親同士は気が合うのに、子ども同士はまったく合わないとか。

バックグラウンドってあんまり関係ないですよね。

それより、ある物事をどう感じるか、といった感性の方が気が合うかどうかのポイントのように思えます。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。