スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれだけ進んでいるのかわからない

英訳で仕上がり150枚(3万ワード)くらいの割と大きな案件を作業しています。この案件、とある(Tradosではない)翻訳支援ツールの案件です。翻訳支援ツールを使用した案件の場合、仕上がりワード数ではなく、元原稿の文字数で翻訳料を計算します。つまり、原稿が和文で400文字であれば、400文字×○円、で翻訳料が決まるのです。この場合、結果的に仕上がりワード数がいくつだったかは関係ありません。

ところが翻訳支援ツール案件の場合、単純に原稿文字数x○円が最終的な翻訳料ではありません。以前紹介したように、原稿の一致率が高ければ高いほど、課金率が下がるのです。例えば、まったくの新規翻訳箇所なら100%、100%一致箇所(繰り返し)なら5%といったふうです。

で・・・何が困っているかといいますと、こういった計算の案件では、納期計算がとてもしづらいのです。普通の案件ですと、打ち出した原稿をぱっと見て、全体の半分くらいのページ数が済んだから後作業は半分残っている、と感覚的に判断できるのですが、ツール案件だとそれができません。原稿の後半に一致率100%が多ければ、実際は半分以上作業が済んでいるということになります。

では、画面に表示される作業画面のスクロールバーを確認するとよいのでは、となりますが、これも当てになりません。画面には左が原文、右が訳文入力欄なのですが、1行の原文の量は行によってまちまち。1単語の時もあれば、長文の時もあるのです。全体で400行の案件で、200行進んでいるからといって、残りの200行が長文だらけなら負荷は重いですし、短文だらけなら負荷は軽くなります。また、一致率も大きく関わります。一致率100%の行が多ければ、作業は楽。そうでなければ・・・。

こういった案件も数枚、数十枚くらいならだいたいの勘で納期計算できるのですが、100枚を超えると難しくなっていきます。

おまけに今回の案件、ファイルが10個ほどに分かれているのです。負荷が大きいファイルもあれば、小さいファイルもある。ファイル10個のうち3個終わったからといって、実際自分がどれだけ仕事が進んでいるのか正確に把握できません。

開発者さん、作業が全体でどのくらい進んでいるのかがわかる機能つけてください!切に希望しています。
スポンサーサイト

コメント

全く同感です!

全く同感です!
私ももう少し小さいですが同様の案件を進行中ですが
やはり進捗状況が分かりにくくて困ります。
私がいつもするのは、
仕上がりワードファイルを開けて、
文字カウントから仕上がり予定枚数、
既に仕上がった枚数
(テキストをハイライトすると
ハイライトされた部分の文字カウントが表示されます)
を計算する、というややこしいことを
途中度々行います。
今日も一体何度行ったでしょうか。
どれだけ仕上がったか分からないとやる気もでないし、
予定も立ちませんよね。
場合によってはそれをファイル等に記載して目安にしたり。

連休も仕事になりそうです・・・

Re: 全く同感です!


やはり同じご意見ですか!
ほんと、どうして進行がわかる機能がないんでしょうね。
今回の案件はファイルが10個くらいあるのですが、せめてファイルごとに字数計算を出してほしいなと思います。一括で出されても、各ファイルがどのくらいの字数なのかわからないんですよね・・・。
あと、スペルチェックで指定した用語をチェックしない機能もつけてほしいです。データにない用語が何度もひっかかってちょっとイラつきます(笑)。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。