スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手翻訳会社とは

私のイメージする大手翻訳会社は、業界で名が通っていたり、独自の検定試験があったり、全国に支社があったり、部門が複数存在するような会社のことです。

大手の翻訳会社って、トライアルを受けようとするとき、ちょっと気おくれしたりもしますが、実際に登録してみると良かった、と思える点がいろいろあります。

1.支払が確実。
ちなみに、私は若い頃、アルバイトしていた英語学校の経営者に、バイト料不払いのまま逃げられたことがあります。

2.会社独自のシステムがある。
スケジュール管理システム、翻訳支援ツール、ファイル送信システムなど、会社のシステムが整っており、登録者は利用できるという特典があります。

3.コーディネータがビジネスライク。
いい意味でビジネスライクです。私は大手のコーディネータさんの対応で嫌な思いをしたことないですよ。

4.翻訳者の情報管理がしっかりしている(たぶん)。
会社全体で翻訳者の情報を管理しているので、コーディネータが代わったから依頼がなくなる、といった事はないです。情報の引き継ぎがスムーズだと感じます。

5.仕事量が多い。
全体的な受注量が多いので、優先順位の高い翻訳者になれば仕事をコンスタントにもらえます。

6.無理な量の依頼があまりない。
人材のストックが多いので、一人の翻訳者に無理な量の仕事を押し付ける、ということはないように思います。(小さい会社はあるように思います)。

でも、良いことばっかりじゃないんです。

7.人材が集まりやすいので、捨てられやすい。
依頼を断ってばっかりいたり、ミスが続いたりすると、けっこう簡単に捨てられます(涙)。

8.目立ちにくい
人材がそろっているので、何か秀でたものがないと目立ちにくいです。初仕事まで何カ月も待たされたりします。でも、必ずしも待ちが長いわけでもないようです。タイミングが良ければ、すぐ仕事が来ることもあります。

9.チェックが厳しい
比較的、ネイティブチェックがシビアです。でもこれは、翻訳会社の大小にはあまり関係なく、会社の方針や個々のネイティブチェッカーによるかもしれません。フィードバックがもらえたら勉強になるので、修正が多いとショックは受けますが、良い点ともいえるかもしれません。

以上、私の経験に基づく感想ですので例外はいくらでもあると思いますが。

次回は小さな翻訳会社について書いてみたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

No title

私のお取引のある会社は
1社がいわゆる大手で、もう1社は中堅と言う感じでしょうか。
やはり大手の方が仕事量も多そうだし、
ソースクライアントに対する立場も強い?のか
納期にも余裕がある場合が多いです。
初めからバンバンお仕事いただいています。

中堅の方は急にぱたっと仕事がない日が続くことが
まれにあります。
先日それを軽く伝えたせいか、
こまめに仕事が来るようになり
ちょっと大変な今日この頃ですが(笑)
今年は1週間ほど夏休み取る予定なので
今のうちに頑張ります!!

caramelさんへ


caramelさんは大手と中堅に登録されていたんですね!
私の登録先もたぶん大手に入ると思います。

大手は納期に余裕があるというか、無理な納期設定がないなあ、と私も思います。
一応打診をいただいて納期的に無理そうだと告げると、すっと「では複数の翻訳者さんで割りましょう」とて提案してくださるので、翻訳者のストックも多いのかなあ、と感じます。

複数登録だとスケジュール的にしんどい時はあるかと思いますが、いいですね~、夏休み!
楽しみがあるとがんばれますよね(^^)。

遅くなりましたが

新ブログ開設おめでとうございます。すでにたくさん投稿されてるのでびっくりしました(笑)。

これからも色々ためになる情報を楽しみにしてます!!

Re: 遅くなりましたが


tenbin-mamaさん

ありがとうございます!
そうなんです、ついつい気軽に投稿しちゃって(笑)。

これからはしょーもない記事率も上がるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします!

初めまして

初めてコメントさせていただきます。komakoと申します。
以前のブログも楽しみに拝見させていただいておりました。(コメントを書かせていただいたことはないのですが・・・)
小学生のお子さんがいらして、フリーランスで翻訳されているということでしたので、「将来こうなれればいいな~」と目標にさせていただいておりました(なんて、勝手にすみません。自分のことを書き忘れましたが、ワタシはもうすぐ5歳、もうすぐ3歳の子を持ち、オンサイトで翻訳の仕事をしています。勤務しながら修行しています。)


aromaderoseさんの前回のブログの最後の方の記事、「翻訳者になれるための条件(こんな表現ではなかったかも、ですが)」の続きをすごく楽しみにしていたので、お見かけしなくなって「あれれ~?」と思っていました。
そしたら、ここにたどり着いて・・・(Katyさんのブログ経由だったかしら?ちょっと忘れましたが。)

aromaderoseさんの記事は、フリーランスとして働いている様子がよくわかってとても参考になります。今後もまたお邪魔させていただけたらと思っています。また更新を楽しみにしております。

Re: 初めまして


komakoさん

はじめまして!
突然消えた私を見つけてくださってありがとうございます!
なんだかとても感激しています。

前回、記事を書きかけたままフェードアウトしてすいません!!
ええと、フリーで安定収入を得るための道筋、みたいな感じの内容でしたよね?
続きは書こうと思っていますので、どうぞまたいらしてくださいね。

komakoさんはオンサイト翻訳者でいらっしゃるんですね。
前回書きかけの記事でも、実はフリーへの道筋の一つとして、「オンサイトで働く」という項目があったんです。
私自身もオンサイトでの経験がとても役立った・・・という思いがありまして。
近いうちに、そのことだけでも早めに記事アップしますね。

komakoさんもブログをおもちなんですよね(^^)
また後ほど、ゆっくりと訪問させていただきますね。

とりあえずお礼まで。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。