スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑散期?

翻訳業界の閑散期と繁盛期っていつなんだか・・・フリーの翻訳者にはそれを正確に把握することって難しいですよね。繁盛期だけど自分に仕事がまわってこないのかもしれないし、閑散期だけど自分には仕事がまわってくるかもしれない。

けれど、ウン十年この業界で仕事をしていて、季節ごとにある程度の浮き沈みを感じることはあります。例えば、毎年忙しいのは年度末。年明けそうそう、1月、2月、3月と通常は忙しいです。

4月、5月は少し負荷が減るような気がします。7月、8月はお盆を挟むのですが、特にお盆だから暇だと感じたことはなく、通常運転です。

なぜか毎年、他の月より出来高が落ち込むのは9月、10月です。継続的に仕事はあるのですが、短期や中期の少量案件だったりして、だらだらと仕事している割に出来高が低かったりします。

11月、12月になると通常のペースに戻り、年末はなにか仕事を抱えたまま新年を迎えます。

今は9月ですから、割合に時間的余裕のある時期だと言えます。でも、仕事は無理のないペースで出来るとしても、忙しいのは学校行事。10月に開催される小学校のお祭りの役員なので、なにかと忙しい毎日です。

スポンサーサイト

コメント

そうですか!

こんばんは。
9月は閑散期なんですね。
ちょっとほっとしました。
というのも、このところ少量案件が多く
超忙しかった先月と格段の差が。
4月は少ないな、というのは感じていたんですが
9月は気がついていませんでした。
よし、気にせずのんびりします(笑)。
今日も余った時間はケーブルで映画をみてしまいましたが。

Re: そうですか!


caramelさんも少な目なんですね。
そうそう、少量案件が多いんですよ。
または、大量案件が入っていると、あまり少量案件が入らないか。
だいたい毎年の傾向として、なぜか9月はゆっくり目です。
反対に、年度末と夏は忙しいです。
今は登録1社なのでましですが、複数のときは2月と8月は倒れそうになってました。

たぶん、11月くらいには復活すると思います。
体を休めててくださいね!
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。