スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もたもた

ここ数日、なんだかもたもたしてました。すぐに作業開始できる案件が手元にあるものの、その下準備としての指定訳語の確認やら、既存英訳の確認やらに手間取り、ここ2日ほどもたもたしているのです。

初見で「え?なんで?」とクエスチョンマークが飛びまくるような指定訳語だったので、ほんとうにそれで大丈夫なのかと翻訳会社に問い合わせたり、クライアント向けに質問状を作成したり、その返事を待ったり、などなどしているうちに時間が過ぎ。

それが解決したかと思ったら、今度は既存の訳文に問題が。えええ!?これに合わせるの!?って感じの問題が発生し、いったいどうしたらいいのかとコーディネータさんに問い合わせたり、メールで説明したり、しているうちに時間が過ぎ。

結局まだ解決していないんですが・・・。

ぼちぼち、疑問点とは関係なさそうな場所の作業を進めているのですが、なんだかメールばっかり書いていた2日間でした。

スポンサーサイト

コメント

大変ですね

そんなにややこしそうな案件は扱ったことないです!
想像するだけで大変そうです。
予定外に時間を取られると
予定が狂うし困りますよね。

Re: 大変ですね


曖昧な書き方をしてしまいましたが、実はけっこうありがちなことなんですよ。
クライアントさんからいただいた資料の用語や訳語が不適切で、どうしたらいいの?って事態です。

気になることはとりあえず確認するのですが、訳者⇔コーディネータ⇔営業⇔クライアントという流れなので、ちょっとしたことでもけっこう時間かかるんですよねえ(汗)。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。