スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tradosで大型案件きた~!

知り合いの翻訳者さんからメールが来ました。Tradosを導入して1ヶ月、200枚の大型案件が舞い込んだというのです。

トライアルに合格して1年、なかなか仕事が安定しなかったようなのですが、Tradosを導入したとたんの初めての大型案件。やっぱりTradosを導入したのは正解だったのかも、という話になりました。

先日、登録先のコーディネータさんとお話した時も、Tradosが使える翻訳者が足りなくて困っている、というお話でした。そのお話が、知り合いの翻訳者さんからのメールでますます実感できました。

けれどもこのTrados、自分が導入したいかというと、今のところは考えていません。一番の理由は、Trados以外の案件で手一杯だからです。

いつか、Tradosがなければ仕事が来ない、という時代が来るのでしょうか。いや、さすがにそんなことはないのでは、と思います。翻訳ツールは他にもありますし、Tradosでの作業に向かない案件もあるでしょう。

仕事がゼロになるとか、よっぽど追いつめられない限り、きっと私はTradosは導入しないなあ。
スポンサーサイト

コメント

そうですか~

こんにちは。
やはりTrados案件は人で不足なんですね。
私も結論はAromaderoseさんと同じで、
将来必要になったらでよいかな、
と思います。

Re: そうですか~


そうなんですよ。
とりあえず仕事を増やしたい人にとっては、Trados導入は一つの手かもしれませんね。

caramelさんも導入予定はないんですね。
日々の業務に追われていると、なかなか導入する機会がないですよね。

No title

こういう具体例があると、Tradosが使えると有利なんだなぁって改めて思いますね。

でも、Tradosがあっても、翻訳の基本がないとダメだと思うので、Tradosなしで地道にがんばります。

Re: No title


私もkatyさんと同じ意見ですよ!

Tradosは翻訳してくれるわけではないですものね。
Tradosの導入はいつでもできますが、翻訳力は一晩では身につかず。

お互い地道に頑張りましょうね(^^)
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。