スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりTRADOS案件は多いらしい

先日、コーディネータさんとお話しする機会がありました。その時に伺った話なんですが、やっぱりTRADOSの案件ってとても多いらしいのです。それなのに、TRADOSが操作できて、かつ実力のある翻訳者がとても少ないのだそう。

ということは!
やっぱりTRADOSを導入すると、仕事って増えるってことですね!

しかし、実際にTRADOSを導入するとなると、資金も必要ですが、なにより時間的な余裕が必要な気がします。日々の業務に追われていると、とてもじゃないですが、ゆっくりTRADOSを勉強している暇がありません。

今後、仕事が暇になるようなことがあれば、ぜひTRADOSを導入してみたいと思います(^^)。


スポンサーサイト

コメント

こんにちは。


私もTRADOSを導入した方がいいかなあ…と思うのですが

導入されている方のブログなどから、使いにくいというのを
知ると、ますます躊躇してしまいます(^_^;)

最近は、TRADOSがなければ、トライアルさえ受けられないこともありますからね。



Re: こんにちは。


私もそのうち、そのうち、と思いつつ、TRADOSを買わずじまいです。
(安価版は持っているのですが)。

正直、使い方をマスターするまでが面倒そう・・・。

翻訳会社からは、「導入されるなら無料で研修しますよ~」って言っていただいたのですが。
ほんとに親切な会社です(^^)。
ただ、本人に今一つやる気が(笑)。

No title

わぁ。TRADOSですね~。確かに、TRADOS案件って多いみたいですね。以前、体験版付きのTRADOSの本を買いましたが、体験版すらインストールしませんでした。なんだか、難しそうだし・・・勉強する時間がすごく必要そうな気がして。

でも、私はあと3年は文芸翻訳を目指してみようと思うので、やっぱりしばらくTRADOSは導入しないと思います。

実務翻訳一本に絞ったら導入も考えたいですが・・・でも文芸やりたいですぅぅぅ。

Katy/ちびずマムさん


そうなんです、工業分野ではやはりTRADOS案件、多いみたいです。
でも、文芸翻訳にはまったく必要ないでしょうね。

先日、文芸、というほどでもないんですが、心理学の書籍の一部を翻訳しました。

直訳すると変な日本語になるし、かといってあまりに大胆な意訳も・・・とかなり悩みました。
でも、それを悩むのが文芸翻訳の楽しさなんでしょうね。

No title

そうそう、そこがおもしろいんですよね! もちろん翻訳者は黒子でなければいけないのですが、その原文の持つニュアンスみたいなものを日本語にどう出すか、悩みまくっていい訳が浮かんだときの爽快感はたまりません。でもそれが時に独りよがりの訳語だったりすることもあって・・・。ため息。

数年前に自己啓発本の実践体験集を訳したことがあるんですが、すでにその啓発本が出ているので、「(キーワードとなる)このフレーズはこの訳にしてください」という訳語集が渡されたんです。それを見てびっくりしました。これがこういう訳になるのか~と感動すら覚えました。

ああいう本って、平凡な日本語だときっと手にとってもらえないんでしょうね。短いフレーズで、でもばしっと心に飛び込んでこなければいけない。

そういうところって、以前Aromaderoseさんがブログに書かれていた「タイトル訳」にも似ている気がします。必要な要素が入っていて、文の内容に沿っていて、なおかつ簡潔でなければならない。なかなか奥が深いです。

Katy/ちびずマムさん


そうですね、タイトル一つでも悩む場合があるのに、これが文学ともなるとどんだけ悩むんでしょうね(笑)。

でも、昔の文豪が和訳した作品などを読むと、文章の美しさにうっとりするときがあります。趣がある、というんでしょうか。

反対に、パンフレットの訳などで、「な、なんだこの和訳は?!」と驚くほど不自然な和訳に出会うこともあります。

ちびずマムさんみたいに、たくさんの和訳本に触れておくことって、きっととても大切なことなんでしょうね。いつかちびずマムさんが訳した本を手に取れることがあればいいなあ(^^)。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。