スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアルヒストリー

私がフリーになった頃からのトライアルヒストリーをまとめてみました。記録していたわけじゃないのでざっくりとした記憶ですが、ご参考までに。

2001年頃
派遣先で翻訳しながらトライアル受験。雑誌に載っていた小さな翻訳会社(会社A)に応募したところ下訳を頼まれて、4ヵ月ほど仕事をもらう。

2002年頃
派遣をやめる。会社Aのレートが安すぎたので見切りをつけ、会社B(中規模)に応募。大手企業の大量翻訳プロジェクトのチームメンバーとなり半年ほど仕事をもらう。

2002年末
出産。その後3年くらいは翻訳から離れ、時々通訳。

2005年
息子が幼稚園に入ったので翻訳再開。会社Bに連絡をとるが、担当者が全て変わっており、縁遠くなる。危機感を感じて、会社Cの英訳試験を受け合格(和訳は受けず)。それから2年ほど、会社Cより仕事をもらう。

2007年
会社Cからの仕事が減ったような気がする。この頃新人レートの暴落がはじまり、おそらく仕事がレートの低い新人に回されるようになったのではないかと推察。
危機感があり、会社Dに応募。英訳・和訳に合格。また、ネットで登録した翻訳サイト経由で会社Eから仕事の依頼がくる。

2007年~2009年
会社C、会社D、会社Eの仕事が入り混じり、一番大変な時期。こりゃダメだと思い、一番レートが高く、対応のよかった会社D以外の仕事は断るように。

他の会社から仕事が来なくなり、会社Dがメインで落ち着く。
現在

といった感じです。トライアルの段階で落ちたことはないかと思います。ただ、上記の会社の他に一社どこぞの小さな翻訳会社を受けて合格したのに仕事がこなかった、ということはありました。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。