スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依頼はメールで

最近、仕事の依頼をメールで受けることが多くなってきました。以前は長期案件でも電話での依頼だったのですが、最近はよほど急ぎではない限りメールでの打診です。実際の案件が添付してあることも多いです。

このようにメールでの打診が多くなると、メールの方がいいなあ、と思うようになりました。まず、案件を実際に読んでみて受けるかどうか確認できるし、ほんとうに引き受ける余裕があるのかをひとまず考えてみることができます。電話だと相手の様子から「困ってそうだし・・・」と勢いで引き受けてしまい予想外に忙しくなってしまうこともあったのですが、メールだと冷静になれます。

特に電話だと枚数だけ聞いて内容を聞かず引き受けることが多々あったので、それがなくなるのがいいですね。以前は、レターとだけ聞いていて内容をみたらレターに書かれた契約書だった!!!という時もありましたので。余裕さえあれば内容で依頼を断ったりはしませんが、忙しい時は専門外の翻訳は避けたいものです。
スポンサーサイト

コメント

No title

私も同じような理由からメールの方が好きです。それに、まだ子どもがお昼寝をするので、ケイタイはマナーモードにしっぱなしだし(ケイタイの意味ないやん)、家電鳴って子どもがお昼寝から起こされて泣いている横で電話応対とかいうことも何度かあったので・・・。

ちびずマムさん

そうですね、急ぎでなければメールの方が助かりますよね。

うちはもう10歳なのでお昼ねする年でもないのですが、確かにこどもが小さい頃は気を遣った記憶があります。
せっかく寝たのに電話で起きた・・・とか、がっかりしますものね。
Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。