スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性が増えてきました

ここ1年ほどのことなのですが、コーディネータさんで男性の方が増えています。翻訳者の正確な男女比は私にはわかりませんが、翻訳会社の社員さんで言うと、私が知っている会社では圧倒的に女性の方が多い印象でした。男性がいらっしゃっても、管理者の立場にいるとか、小さな翻訳会社の社長、といったケースが主でした。

ところが最近、コーディネータの方で男性が増えているのです。これは数年前まではなかった傾向です。会社が男性を積極的に取るようにしたのか、不況の影響もあって今まで男性があまり興味を持たなかった翻訳業界にも人が流れてきたのか・・・。これも推測の域をでませんね(^^;)。

そういえば、私が以前働いていた英会話学校も、社員は圧倒的に女性が多い世界でした。時々入る男性は、幹部候補。ただ、どうしたことか、やり手のマネージャーさんは女性ばかりでした。男性の数が圧倒的に少なかったので、男女を対等に比較することはできないとは思いますが、優秀な男性は英会話学校以外の業種に流れているのでは・・・と感じたことも。そういう傾向も含め、今は変わってきているのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。