スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄遣い

10歳になる息子が、お風呂で新しい入浴剤のボトルを見つけて一言。

「ま~た、ママ、こんな無駄遣いしたん?」

え?入浴剤って無駄遣い!?

「そういえばママってさあ・・・」

と、今度は先日買った美容グッズや小物まで「無駄遣い」と一刀両断。

駄菓子屋に行くとピコピコハンマーを欲しがる息子に無駄使いを諭されるとは(笑)。小さくても「男」ですね!息子には女の人の「無駄のように見えて生活を豊かにする大切なもの」が理解不能のようです。

私にはピコピコハンマーの方が無駄に思えるんですけどね(笑)。
スポンサーサイト

どうして私?

時々あるのですが、どうして私に仕事がまわってきたのだろう、と疑問に思える分野の案件が来ます。今回は「会計」でした。自分の確定申告でさえアワアワしている私が、なぜに企業の会計のお話を翻訳するはめになっているのでしょう(笑)。

会計用語にはとんとなじみがないので、読みながらいろんな箇所でひっかかります。幸いなことに今はネットでほとんど調べがつくので少しずつ理解できてはいくのですが、苦手な分野の翻訳はほんとうに時間がかかります。

で、どうして私に会計の話がまわってくるかですが、クライアントが機械関係の会社だからなのでしょうね。私は依頼の電話があった時点で内容を詳しく尋ねることはないので、開けてびっくり、というのが時々あります。

息子とバレンタインデー

今日はバレンタインデーでしたね。去年は好きな女の子からチョコをもらえていたうちの息子。さて、今年はいったいどうなることか、と母親の私がひやひやしてました。

女の子の気持ちは移ろいやすいもの。去年くれた子が今年もくれるとは限りません。息子がショックを受けないように、「今年もしもらえなくてもがっかりせんといてよ」と、前もってなぐさめていました。

そして当日。5時くらいになっても彼女は現れず。息子は「○○ちゃん、こなかったね・・・」としょんぼり。「別に小学生で女の子にもてんでもいいしな。ママが本命チョコあげるし、○○ちゃんからも(いとこみたいに仲良しの女の子)、○○ちゃんのママからももらったしな」と励ましていたところにピンポーン。息子は「あ、○○ちゃんや」と玄関に飛んで行きました。

も、もらえました~(^^)。彼女からは「ともチョコ~!」という宣言付でしたが、ちゃんともらえました。もういいんです、ともチョコだろうが義理チョコだろうがもらえれば!

一番ホッとしたのは母親だったりして(笑)

役割と責任感

本年度も終わりに近づき、小学校の委員会活動も一つを残してほぼ終了しました。私は二つの委員会を掛け持ちしていたのですが、いろいろと周りを観察して気が付くことがありました。

その一つが、人は与えられた役割に応じて行動する、ということです。

委員会内での役割というのはくじやジャンケンで決まります。それぞれの個人的事情というのはよほどでないと考慮されず、誰にでも委員長などの重たい役割がまわってくる可能性があります。

とある委員会では、以前から学校行事に非協力的だという噂の人物が委員長にあたりました。私は存じ上げなかったのですが、そんな私にまで噂が聞こえてくるほどの悪評でした。それが1年終わってみて、その人は立派に委員長の仕事をこなしたのです。きっとその人はもともと人の上に立って物事を進める能力は持っていらっしゃったのでしょう。ただ、今まで(おそらく)関心も、責任感もなかった。だから人任せにしていたけれど、いざ自分に役割を与えられると、ちゃんと実力を発揮することができたのでしょう。

一方で、どんなに役割と責任感を与えられてもできない人がいます。PTAの活動なんてどのお母さんにとっても初めてで不慣れなもの。うまくできなくて当たり前なのかもしれませんが、あまりのプレッシャーに体と神経を壊してしまう人がいるのです。自分の役割を放棄したり、中には入院する人もいたのだとか。これは先ほどの例とは反対に、どんなに役割と責任感を与えても出来な人には出来ないという一例ですね。

私は一人息子なので、小学校のPTA活動のノルマ2年は今年度で終了します。考えてみると、それほど大きな役割を与えられることなく、つつがなく2年が終わったような気がします。唯一リーダーとなったのはお祭りでしたが、これは二学期限定の短期的なものでしたし、こどもたちが喜ぶ催しものを考えるのは楽しさもあり、特に苦ではありませんでした。

来年度は委員会の担当がなく負担がないので、学校のボランティア活動にも少し参加できればと思っています。

インクの増量タイプ

新しいプリンターの黒インクが1週間でなくなったので(怒)、インクを買いに行きました。型番を探せないのでお店の人に尋ねたところ、「増量タイプにしますか?」というのです。
なんでも、そのインクには「L」というタイプがあり、カートリッジサイズは同じなのにインクが増量されたタイプがあるというのです。

どうせすぐなくなるインクなのでLを購入しましたが、なんか納得いきません。

メーカーさん、最初からインク入るだけ入れといて!

私には増量タイプがあるというより、普通タイプが「減量タイプ」のように思えてなりません。他の消費者の方はそんな印象受けないのかなあ・・・。

クナイプのバスソルト

私は大の石鹸好きです。以前はオリーブオイルとエッセンシャルオイルから自分で石鹸を作っていたくらい、石鹸にはこだわりがあります。最近では手作りこそしませんが、お気に入りのショップからいい香りの石鹸を購入して楽しんでいました。

そんな私ですが、お風呂が循環式ということもあり、入浴剤は使っていませんでした。それが今年の冬、体がかゆくなりました。おそらく乾燥性のかゆみだと思います。それで、入浴剤を使ってみることにしたのです(風呂釜は追い炊き禁止、使用後のパイプ洗浄などで大丈夫みたいでした)。

さっそく、スーパーで売っているよくあるメーカーの入浴剤を使ってみました。入れてみてびっくり・・・。2、3個使ってみましたが、香りがどうにも気持ち悪いのです。低価の商品だったので、人口の香りだっただと思います。気分が悪くなり、使用を断念。

何かいい入浴剤がないかなあ、と探したところ、クナイプ社のバスソルトがありました。ずいぶん昔から売られていることは知っていましたが、買ったことはありませんでした。800gで2000円くらいなのでお値段も手ごろ。ドイツ製なので、環境意識も高いようです。

さっそく使ってみて・・・満足しました!とりあえず無難なラベンダーを試してみましたが、香りもいいし、それになんといっても体のかゆみが数回の使用でなくなったのです!

クナイプですが、香りも10種類以上あるようです。これから他の香りを揃えいくのが楽しみです。

プリンターの故障

昨年末のパソコンに引き続き、今度はプリンターが壊れました。パソコンは「調子が悪い」段階で修理に出しましたが、プリンターは完全に動かなくなりました。購入店に確認してみると、プリンターに5年保障はない模様。買ってまだ2年半くらいなのに・・・。修理すると8千円から1万円という話なので、少し悩んで新しいプリンターを購入することにしました。

2万円くらいのE社のプリンターにしたのですが、このプリンターがまた可動部分が多い!プリントを開始すると自動でトレイが出てくるのですが、電源をオフした時は手動で出ているトレイやパネル部分をひっこめないといけないのです。なんだか嫌な予感。可動部分が多ければ多いほど、壊れる可能性も高くなるような気がするのですが・・・。

というか、私だけかもしれませんが、プリンターって壊れるの早すぎる!!!前のプリンターも3年ともちませんでした。もしかして、メーカーさん、プリンターに耐久性って必要ないって思ってるのかな?どんどん買い換えてもらおうという作戦?と、ちょっとネガティブ思考になってしまったプリンターの故障イベントでした(^^;)。

年度末

年度末が近付いて、翻訳会社はとても忙しそうです。そう感じる理由ですが、

・普段依頼がない部署から依頼がくる。
・普段依頼がないコーディネータさんから依頼がくる。
・普段かかってこない遅い時間(9時過ぎなど)に電話がくる。
・お断りすると、納期を伸ばしてでも枚数を減らしてでもお願いされる。
・スケジュール上明らかにこれ以上無理そうなのに依頼がくる。

どんなに業界が忙しくても私個人ができる仕事の量には限界があり、無理なものはお断りするしかないのですが、ほんとうに業界は忙しそうです。

景気も少しは上向いてきたんでしょうかね?

プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。