スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ワード=5円が低いと思う根拠

前回、英訳仕上がり1ワード5円というレートは低すぎるのでは、と書いたのですが、そう考える根拠を書いてみたいと思います。

まず、一般的に翻訳者が1日に何枚翻訳できるか、ですが。これはほんとに人によりますし、案件の難易度にもよりますが、私は平均して10枚(仕上がりで2000ワード)くらいが妥当ではないかな、と思います。翻訳会社登録時のアンケートにも、一日に可能な翻訳枚数の例で10枚とありますし、翻訳会社も私に発注するとき、1日10枚計算で納期を設定してくださいます。もちろん、一時的にこれより多い枚数を翻訳できる場合もありますが、ハイペースのまま365日仕事するのは、精神的、体力的にかなりしんどいものです。

ところで、この10枚に要する翻訳時間ですが、それこそ訳者と案件の難易度によります。例えば1時間に2枚翻訳できるとしますと、単純計算して5時間で仕事は終わるわけですが、ロボットでもあるまいし、5時間ノンストップで働き続けることはできません。休憩時間、ちょっとよそ見している時間、ぼんやりしている時間、体操時間、疲れて切って臥せっている時間などを含めると、いくら実働が5時間でも、少なくとも8時間はパソコンの前にいるのでは、と思われます。外で働いていると、要するに拘束時間で賃金がいただけます。しかしフリーの場合出来高なので、いくらパソコン前に拘束されていようと、出来た分しか対価がいただけないわけです。ですから、自分の作業効率と案件の難易度によっては、1日10枚の翻訳を仕上げるのに、8時間どころではない長時間を拘束されている場合もあるわけです。

そのような環境下で、200ワード1000円だとします。1日10枚翻訳すると、1日10000円になります。そこで、年間の土、日、祝を除いた、平日の数を計算しますと、だいたい240日くらいだそうです。とすると、一般的な会社員と同じ休みを取ったとして、年収は240万円になります。この年収、例えば30歳の男性、女性の平均年収と比べてどうでしょうか。
あるソースによると、平均年収は、40歳男性630万、40歳女性280万、30歳男性500万、30歳女性300万、だそうです。むむむ、なんで女性は男性よりこんなに低いのか、という疑問はとりあえず置いておいて、こうしてみると、30歳女性の300万と比べても、翻訳者の年収は各段に低くなることがわかります。

それに、翻訳者のこの240万という年収は、手取りではないので、ここからいろんなものが引かれます。まず、国民健康保険が18万円、所得税が10%なので24万円(多少返ってきますが)。恐ろしいのが国民健康保険で、これが多分(おおざっぱですいません)30万くらいは引かれるはず。市民税・府民税、うわ、いくらだろう。でもだいたい収入の10%なので、20~24万は引かれると思います。240万の収入から経費を差し引いて、ちょっと控除とかしてもらって、おそらく手取りは160~170万くらいでしょう。月に換算すると、13~15万円くらい。実家住まいの独身、主婦、というのであればともかく、とてもじゃありませんが男性が家族を養っていくのは無理だと言えます。

そもそもこの240万円という計算、年中仕事の依頼がある、と仮定しての計算です。ひっきりなしに仕事が来なければ、この年収も210万、200万、190万、と下がっていってしまうのです。

こんなふうに、長年の努力の末にある程度成功しても、家族一つ養えない仕事なんて、ほんとに職業として成立しているのでしょうか。不況の世の中で、就職先がない、リストラされた、昇級がない、ボーナスがない、困っている人、悩んでいる人がたくさんいるのもよくわかっています。贅沢は言えないかもしれません。でも、周りの人も困っているからといって、企業の言うがままに、不当な賃金に納得していていいのか、と思います。

でも、現実問題として、フリーの翻訳者なんて、立場弱いですよね。「賃上げ交渉ですか?それならもうあなたには頼まなくていいです」と言われたら、お手上げですから。

このまま登録翻訳者としてやっていくならば、ちょっとぐらいレートが高くてもこの人に頼みたい、と思われる、付加価値のある翻訳者になるしか、生き残る道はないかもしれません。

または思い切って、自分でクライアントを開拓するかですが、それだと自分ひとりで負荷をコントロールするのは難しくなると思います。そうなると、自分で会社を立ち上げることになると思うのですが、これもどうなんでしょうね。登録者に負担を強いる小さい会社の社長に自分がなってしまっては洒落になりませんね。

いろいろと難しいですね・・・。
スポンサーサイト

1ワード5円!

仕上がり英文1ワード5円って、どう思いますか?
低くないですか?
私も決して高いレートで翻訳しているわけではないのですが、それでも1ワード5円はあまりにもなレートだと思いました。

これ、最近複数の翻訳会社のトライアルを受けた、という翻訳者さんから伺ったレートなのです。彼女によると、合格した会社から提示されたレートは5円~7円。5円の会社もいくつかあったというのです。

1ワード5円だと、200ワード翻訳しても1000円です。翻訳を内職、と考えると破格な高値の内職かもしれませんが、長年に渡る勉強と経験を要するプロの仕事だと考えると、ありえない安値です。

もし私がトライアルを受け、例え合格したとしても、レート5円であれば、はっきりいってその会社との取引は躊躇してしまうと思います。一応、私が納得できるレートで交渉し、それが決裂すれば、その会社には登録しないでしょう。

そして、別の道を探すと思います。外に働きに出るか、営業して自分で翻訳の仕事を取ってくるかです。

彼女は、6年間フリーで翻訳を頑張ってきた翻訳者さんですが、これをきっかけに外でのお勤めを探す道を選ばれました。ほんとにもったいない・・・でも、彼女の気持ちはよく分かります。

日本全体が不況なので、仕方ない部分もあるかもしれません。でも、それでも我慢の限界ってあると思います。1ワード5円に下げられてまで、翻訳会社に登録したいかな?私なら、答えはノーです。

だけどもしかしたら、この記事を読んで、「え!5円って低いの?」って思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
実際、いくつかの会社が5円を提示しているのですから、それで引き受けていらっしゃる方もいるはずだと思います。
特に、ここ数年でフリーになった方は、初めからそのレートなので、違和感はないかもしれません。

でも、翻訳っていう仕事、レート5円より高くてもいい仕事だと思うんです。
そして、もし5円で頑張っていらっしゃる方がいれば、自分のためにも、翻訳者全体のためにも、そのレートに満足せず、自分の腕を磨きつつ、レート交渉にもチャレンジしていってもらいたいのです。

・・・って、私自身、レート交渉できてないんですけどね(汗)。
でも、5円だったらしますよ!半分やけくそですると思います。

どっかの会社トライアル受けてみて、合格したらレート交渉してみようかな、とちょっと本気で考えてます。

字幕で映画が観た~い!

週明けに大型案件2件の提出を控えており、ゆっくりしている場合でもないのですが、「アベンジャーズ」を観に行ってきました。そもそも、うちの男どもがアイアンマンのファン。旦那の部屋には「いくらやねん!」と突っ込みたくなるほど立派なアイアンマンのフィギュアが複数体飾ってあります。(ちなみに、息子の部屋はトランスフォーマーで埋もれています)。

しかしこの映画、息子と行くとなると、どうしても吹き替え版になってしまいます。息子は小学4年生なので、漢字もだいぶ読めるようにはなってきましたが、字幕はまだちょっと可哀そう。

そういえば、せっかく映画を観に行っても、このところ字幕で映画を見たことがありません。文化も語順もまったく違う英語の言葉を日本語に翻訳する翻訳者さんの苦労は想像できますし、凄いなあと思いますが、やはり映画は英語でそのまま理解した方が面白いです。特にコメディーは、翻訳すると面白さは半分以下に減ると思います。

さて、私たち家族、いったいいつになったら字幕で映画が観れるようになるのでしょう。息子が中学生になったら大丈夫かな?(あ、でもその頃は、息子がもう一緒に来てくれないかもしれませんね・・・涙)

裏紙、使ってますか?

片面印刷した用紙の裏側の白いページ、私は「裏紙」と呼んでいるのですが、みなさんのボキャでも同じでしょうか。

この裏紙、みなさん使っていらっしゃるんでしょうか。片面印刷した文書、作業が終わっても、私はとりあえず保管しています。もちろん、使うつもりで保管しています。パルプですよ、エコの時代です。裏紙もちゃんと使わなきゃ。

とは思うのですが、この裏紙、なんとも使いにくい。大量案件はハードコピーも大量ですが、長期に渡って作業した後の紙なんて、書き込みだらけだし、けっこうよれよれ。そんな用紙をプリンターにセットするのも不安だし、新規案件を印刷してもなんか新規とは思えないよたり具合・・・。

それに最近では守秘義務の問題もあって、こどもの落書きにも使えないし(こどもが描いたものをシュレッダーにかけるのは心が痛い)、一定の期間内には処分しなければなりません。

じゃあ両面印刷すればいいんだろうけれど、両面印刷の文書、作業しづらくないですか?時々登録会社がハードコピーを送付してくださる時があるんですが、経費削減のためか両面印刷なのです。両面印刷って、裏表、裏表と紙をめくって作業しないといけないので、どこまで作業したかがわかりにくくなります。実は、両面印刷のせいで以前まるまる1頁訳抜けしたことも・・・(って、自分のせいですよね^^;)。

なので、裏紙を使おう!という気持ちはあるものの、なかなか全部の裏紙を消費できていません。

くまモンと海

まだ帰省中ですが、長期案件が3つ重なっているので、仕方なく仕事しています。

息子のいとこたちは中学生。中学生ともなると、勉強に部活に忙しいらくし、息子も昼間はなかなか遊んでもらえなくなりました。それで、おばあちゃんと日帰り旅行したり、私が昼間に近所の海に連れて行ったりしています。

そうそう、久しぶりに地元に帰ってきたら、「くまモン」というゆるキャラがいました。みんなに、「くまモン知らんの?!」と驚かれました。全国のゆるキャラコンテストで優勝したんだとか。

こんなんです。



地元の海。

Tradosで大型案件きた~!

知り合いの翻訳者さんからメールが来ました。Tradosを導入して1ヶ月、200枚の大型案件が舞い込んだというのです。

トライアルに合格して1年、なかなか仕事が安定しなかったようなのですが、Tradosを導入したとたんの初めての大型案件。やっぱりTradosを導入したのは正解だったのかも、という話になりました。

先日、登録先のコーディネータさんとお話した時も、Tradosが使える翻訳者が足りなくて困っている、というお話でした。そのお話が、知り合いの翻訳者さんからのメールでますます実感できました。

けれどもこのTrados、自分が導入したいかというと、今のところは考えていません。一番の理由は、Trados以外の案件で手一杯だからです。

いつか、Tradosがなければ仕事が来ない、という時代が来るのでしょうか。いや、さすがにそんなことはないのでは、と思います。翻訳ツールは他にもありますし、Tradosでの作業に向かない案件もあるでしょう。

仕事がゼロになるとか、よっぽど追いつめられない限り、きっと私はTradosは導入しないなあ。

実家で仕事中

帰省中です。そして、実家で仕事中です。

・・・なのはいいのですが、なんとも作業がしづらい・・・。
まず、実家のパソコンはノートタイプ。自宅の大きな画面のデスクトップと比較すると、作業のしづらさは否めません。おまけに、このパソコン、ネットにつないでいると時々勝手にオフライン作業となるのです。なんで?!

それに、実家の机はコタツタイプのローテーブル。座椅子に座っても、座布団を敷いても、なんだか座り心地が悪い。パソコンを打つ体勢が不自然になるし、足も痛い。

メールの送受信も面倒です。Webメールを利用すると出先から自分のアドレスのメールは確認できるのですが、Webメールサイトに一々ログインしなければなりません。複数アドレスがある場合、ログイン先も複数に。

書籍類に関しては、いくら荷物は箱で送ったといっても、全てを送るわけにもいかず。さすがに辞書ソフトは実家のパソコンにもインストールしているのですが、品質管理関係の書籍を一冊も持ってこなかったのは痛いです。帰省中に、品質管理関係案件が来ないことを祈るばかり。

そして、実家には妹家族も帰省中なので、わいわいがやがや。そんな環境では集中できな~い!という人も多いかもしれませんが、私は典型的な女性脳なので、騒がしいのはまったく問題ないのは幸いです。そのくらいでなきゃ、実家で仕事なんてできませんよね(^^;)。

でも、良い事もたくさんあるんですよ~。息子のいとこたちが息子と遊んでくれるので、いつもの「退屈!退屈!」攻撃を受けなくていいんです。そして、実家の母は料理の先生なので、ごはんが美味しい!

いろいろと不便な事もありますが、実家で仕事もなかなか良いものです(^^)。

新幹線でお仕事

九州の実家へ帰省します!とりあえず移動日はオフの連絡を会社にしましたが、実家でも普段と変わらず仕事する予定です。実家には毎年帰省していますが、翻訳はパソコンさえあればどこででも仕事ができるので、帰省しても結局仕事するのが常です。

けれど、さすがに到着した日の晩御飯くらいはゆっくり食べたい。ということで、少しでも仕事を進めておこうと、新幹線に仕事を持ち込むことにしました。

こんな時、モバイル機器があると便利なんでしょうねえ。でも私はそんなもの持っていないので、今作業中の翻訳文をとりあえず30ページほどプリントアウトしてみました。たまたま上書き案件だったので、原文はまだ消さずに英語の訳文と併記しています。これを、赤ペンを片手に地味にチェックしていく予定です。

実家まで新幹線で4時間。適度な喧噪で、意外と仕事がはかどったりするんですよ。

上半期、数えてみた

朝一で案件を一つ提出して、次の案件の入稿までに多少の時間ができたため、以前からやりたかった業務管理表の整理をすることにしました。

日々の業務管理ですが、私はスケジュール帳は使用せず、大きなカレンダーに案件の納期と枚数を書き込む、といういたってシンプルな方法を取っています。しかし、カレンダーはその年が終われば処分するもの。それで、正式なデータは、エクセルで作成した業務管理表というファイルに入力しているのです。

案件番号、依頼日、コーディネータ名、納期、仕上がり枚数、ちょっとした感想、を記入しているのですが、この管理表、なんと今年の1月からほったらかしだったのです。

このままでは業務管理表をつけないうちに2012年が終わってしまう、と、この隙間時間を利用して記録整理をしようと考えました。

ところが、この入力、思ったより時間がかかる・・・。明細書と自分のカレンダーを見比べながら、おまけに感想まで思い出せる分は思い出しながらつけていくと、やれどもやれども終わらない。1時間ほど作業して、やっと1月が終わりました。

とても午前中だけでは終わらないと、入力は早々にあきらめ、なんでこんなに時間がかかるんだ~と、今年1月~7月までの案件数を数えてみました。

150件・・・。

長期も、中期も、短期も、ぜんぶごちゃまぜの案件数ではありますが、けっこうな数。
土、日、祝を除いて考えると、ほぼ毎日何かしら引き受けていた、という計算になるような気がします。

この事を旦那に言ったら、

「めっちゃどや顔してんで(笑)」

って言われました。
いいじゃん、ほんとに頑張ったんだから、どや顔くらいさせて(笑)。

仕事以外が・・・

金曜日の夕方になって、仕上がり30枚(200ワードx30)の英訳を依頼されました。納期は月曜日の朝。間に合うかどうか不安だったので、一応月曜日の夕方まで納期を伸ばしてもらいました。

金曜日の夜、土曜日、日曜日、月曜日。本来であれば、これだけ時間があれば余裕で納期に間に合うはずなのですが・・・。忘れていました。週末、月曜日と予定が詰まっていることを。

土曜日。午前中は学校の地区委員会活動。消えかけているストップマーク(道路の飛び出し注意箇所にある足跡のマーク)にペンキを塗るというお仕事です。

土曜日の夜はお客様。部屋の片づけやら料理やらで、ゆっくり仕事する時間はありません。

日曜日。息子と旦那は釣りに出かけたので(この炎天下に・・・)、ここぞとばかりに仕事。

そして月曜日。小学校のプール当番。午前中がつぶれました。

プール当番から帰ってきて、昼ごはんもそこそこに、最後の見直し。無理を言って納期を伸ばしてもらったこともあり、出来るだけ早めに提出したかったので3時に提出。

は~、間に合った。忙しかった・・・仕事以外が、ですが。
これ、仕事だけしててよければどんだけ仕事できるんだ?と思ったりもしますが、時間があったらあったでネットサーフィンしたり、本読んだり、集中できないものかもしれません。時間がないからこそ、ぐわっ!と集中して仕事できるのかも。

翻訳支援ツールの時代

前回、翻訳会社ではTRADOSの案件が多く、TRADOS作業ができる翻訳者が足りないという話を書きました。

実際、近年特に感じることですが、翻訳支援ツールを使った案件の依頼は私個人について考えてみても急増化しています。私の場合はTRADOSを実際に使用しているわけではないのですが、翻訳会社支給のツール、TRDOSに落とし込むための前処理原稿での依頼、など、翻訳支援ツールに関わる依頼は今や全案件の8割ほどになっています。

近年の不況、グローバル化、翻訳料金のデフレ、ネットの普及などを考えると、翻訳会社が翻訳支援ツールを多用するのは自然の流れだと思われます。私も、TRADOSを購入こそしていませんが、翻訳支援ツールを多用している一人だと言えます。いまや、翻訳支援ツールが使えることは翻訳者の重要な条件の一つなのかもしれませんね。

ただ、翻訳支援ツールはあくまでも翻訳を支援するものであって、翻訳はしてくれません。ベースとなるのは、だいたいの場合、自分が自力で作成した訳文です。TRADOSなど翻訳支援ツールの導入でビジネスチャンスは増えるかもしれませんが、TRADOSがあるから安泰、などと考えているとそのチャンスまで逃しかねないのかもしれません。

本気になればTRADOSは数日で使えるようになるかもしれませんが、数日で自分の翻訳力がアップすることはないですよね。ツールの導入も考えつつ、日々の地道な翻訳技術向上の努力も忘れてはならないなあ、と思います。

やっぱりTRADOS案件は多いらしい

先日、コーディネータさんとお話しする機会がありました。その時に伺った話なんですが、やっぱりTRADOSの案件ってとても多いらしいのです。それなのに、TRADOSが操作できて、かつ実力のある翻訳者がとても少ないのだそう。

ということは!
やっぱりTRADOSを導入すると、仕事って増えるってことですね!

しかし、実際にTRADOSを導入するとなると、資金も必要ですが、なにより時間的な余裕が必要な気がします。日々の業務に追われていると、とてもじゃないですが、ゆっくりTRADOSを勉強している暇がありません。

今後、仕事が暇になるようなことがあれば、ぜひTRADOSを導入してみたいと思います(^^)。


プロフィール

Aromaderose

Author:Aromaderose
英会話講師、企業内翻訳者・通訳者を経て、2001年フリーランスにて翻訳業(英語)を開始。主な分野は、機械、品質管理です。10歳の一人息子がいます。仕事に追われる毎日ですが、子育て、家事、趣味、健康管理など、バランスの取れた生活を送ることを目標にしています。
twitter始めました。pontarose1

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。